痛風 食事

痛風 食事は痛風になった人に取ってはとっても切実な問題です。アルコール、とくにビールに含まれるプリン体が大きな要因として知られてますから痛風 食事にビールはもっての他です。それ以外にも食事療法の一環として痛風 食事には様々な気をつけておきたいことがあります。

そんな中で痛風 食事のポイントとは3つあります。基本は痛風の大部分を占める元凶である尿酸を体内で作らせないような痛風 食事を取ることです。具体的には、

1.プリン体を極力減らした食事
2.尿酸を体内から排出しやすくする為のカラダ作りを助ける痛風 食事
3.体内に残った尿酸を分解する事

この3つが重要だと言われています。

具体的には白子やあんこう、ウニに代表されるいわゆる珍味やおつまみのような食べ物はプリン体を多く含みますから控えましょう。そして日常的に食べている動物性の食材はきちんと量を制限し管理しましょう。プリン体を抑えることはとても大切ですがあまりに制限してしまうと返って栄養不足に陥ってしまいます。栄養不足は免疫の低下や疲れやすくなってしまい、痛風以外の体調不良を起こしてしまいがちだそうです。

痛風 食事は無理せずバランスよく長い視点で取り組む必要があります。