痛風の検査

病院などで受ける痛風の検査とは一体どのようなものなのでしょう。

痛風の検査では、まず血液と尿を採取し検査します。血液検査では尿酸値の測定、尿検査では尿から一日に排泄される尿酸の排泄量を調べます。

血液検査で尿酸値が7.0mg/dl以上である場合は高尿酸血症と診断されます。8.0mg/dl以上である場合は薬物での治療が必要となってきます。