痛風と診断される基準

痛風の治療方針を決めるために、まずは下記の3つを調べます。

痛風であるかどうかの検査
尿酸値と高尿酸血症の原因
合併症がないか
なお、痛風であるかどうかを診断する場合は、米国リウマチ学会が定めた診断基準に準じます。

1.尿酸結晶が関節液中に存在すること

2.痛風結石の証明

3.以下の11項目のうち6項目以上を満たすこと

a) 2回以上の急性関節炎の既往歴がある
b) 24時間以内に炎症がピークに達する
c) 単関節炎である
d) 関節に発赤がある
e) 第一中足趾関節の疼痛または腫脹がある
f) 第一中足趾関節の病変がある
g) 片側の足関節の病変がある
h) 痛風結節(確診または疑診)がある
i) 血清尿酸値の上昇がある
j) X線上の非対称性腫脹がある
k) 発作の完全な寛解がある

1.2.3.のうちどれかが証明されること。