尿酸値 痛風

尿酸値 痛風の関係は日々気にする方がいいかもしれません。尿酸値が高い状態が何年も続くとある日突然、痛風になってしまうことがあります。特に性別や年齢に関係なく血清尿酸値という値が7.0mg/dlを超えてくると、高尿酸血症と診断されます。

その高尿酸血症の状態が長く続くとどうなるのでしょうか?それは、血液の中で溶けきらなかった尿酸は結晶になります。そのまま関節に沈着することで急性関節炎いわゆる痛風を引き起こすのです。加えて血清尿酸値が7.0mg/dlを超えだんだんと高くなるにつれて痛風での関節炎の発症リスクがすごく高まると言われています。

血清尿酸値の高い方に関しては、最近よく言われていますメタボリックシンドローム(肥満、脂質異常症、耐糖能異常、高血圧症など)の頻度が高くなる傾向にあります。つまりメタボリックシンドロームは、動脈硬化疾患の発症に関与しているのです。

では、尿酸値を上昇させる要因は何が考えられるのでしょうか?主な要因は下記の6つと言われています。
1.遺伝
2.食生活
3.飲酒によるもの
4.ストレスや日々の行動パターン
5.他の病気からくる影響
6.薬剤によるもの

このような影響を受けて尿酸値 痛風に起因するようです。