偽痛風

偽痛風という言葉をご存知ですか?
偽痛風(ぎつうふう)は、ピロリン酸カルシウム(CPPD)という物質の沈着が主な原因で起きる関節炎の疾患のことです。別名でCPPD沈着症、軟骨石灰化症とも言われることはあります。痛みや発症の状態が痛風と似ているのですが痛風で発生する高尿酸血症が見られないために偽の痛風=偽痛風として名づけられたそうです。

具体的な症状としては、まず関節に激烈な痛みがあって発熱が起きます。痛みは痛風と比べると弱く、よく起きる部位は膝関節で発生のほぼ半数が膝関節に集中します。それ以外の関節のほぼ全体にも発生しますが肩関節、足関節などの比較的大きな関節のほうが発生しやすい傾向があります。

主な治療法としては関節液を穿刺排液やステロイドを関節内に注射したりするのが有効です。ピロリン酸カルシウムを関節から取り除く治療方法はが今は存在しないため、対症療法となります。